senses for developers

Senses APIを利用して利用中のシステムと連携することが可能です

API Reference はこちら

About Senses API

活用シーン

活用シーンのサンプルイメージ

Senses APIは、Sensesに蓄積された様々な情報を活用し、以下のようなケースで特に有効活用することができます。

  • 基幹システムと取引先データの連携
  • 社内システムと案件ステータスの連携
  • 管理会計システムとの受注金額の連携
  • MA(マーケティングオートメーション)との連携
  • データを活用した分析
  • 他システムからのデータ移行

FAQ

APIの利用に料金はかかりますか?
Sensesをご利用頂いていれば、無料で利用できます
APIの利用開始にはどうすればよいですか?
管理者権限のユーザにて設定メニューの「API設定」から利用開始・トークン作成が可能です。詳しくはオンラインマニュアルをご確認ください。
運営しているサービスと連携することは可能ですか?
可能です。外部公開しているサービスとの連携は、こちらの問合せフォームからご連絡ください
必要なAPIが足りません。
Senses APIは随時機能開発を進めています。右下のチャットアイコンよりご連絡ください。

News

Contact

ご利用についてのご不明点、お問い合わせはこちら